発酵食品 味噌で免疫力アップ!

「和食」が、2013年に無形文化遺産に登録されました。和食の定義は「一汁三菜」。栄養豊富な発酵食品である味噌は毎日摂取することで、美容と健康の維持に役立ちます。味噌は、使うこうじの種類、味、色などによって分類されます。
■原料のこうじによる分類/米味噌、麦味噌、豆味噌、原料を混合した調合味噌など
■味による分類/甘味噌、甘口味噌、辛口味噌など
■色による分類/赤味噌、淡色味噌、白味噌など
ビーフシチューのコク出しに赤味噌を入れたり、白味噌を生クリームでのばしてホワイトソースの代わりにしたり、色々な味噌の味や特徴を生かし、日々のごはんづくりに活用してみてはいかがでしょう。

 

 

味噌の簡単レシピ

●春の味噌汁:〈ふきのとう・ワカメ・白味噌〉〈菜の花・豆乳・さつまあげ・白味噌〉など、旬の野菜で春を感じてみましょう。

●ハチミツみそチキン:味噌・ハチミツ・おろしニンニク・カレー粉をジップ式のポリ袋に入れて鶏もも肉を漬け込み、1〜2日冷蔵庫に置いてからオーブントースターで焼く。

●味噌ドレッシング:赤だし味噌大さじ2・酢大さじ2と1/2・砂糖小さじ1・オリーブ油大さじ1を混ぜる。

●味噌炒め:〈牛肉とごぼうの味噌炒め〉〈春キャベツと厚揚げの味噌炒め〉など、いつもの味噌炒めをアレンジしてみては。