2月29日の閏日(うるうび)を楽しむ

 1年が366日ある年のことを閏年といい、2月29日があります。
 世界の国で使われている「グレゴリオ暦」では、閏年を次のように決めています。
(1)西暦年号が4で割り切れる年を閏年とする。
(2)(1)の例外として、西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。
西暦2004年、2008年、2012年、2016年は(1)に当てはまるので閏年ですが、西暦2100年、2200年、2300年は(2)に当てはまるので、平年となります。西暦2000年、2400年は、100でも割り切れますが400でも割り切れるので、(2)には当てはまらず、(1)のとおりに閏年となります。
地球が太陽の回りを一回りするには、約365.24219日かかります。グレゴリオ暦では、1年の平均日数が、この日数に近くなるように閏年を入れています。
 また、4年に1度の閏年は夏季オリンピックが行われる年と一致しています。今年はリオデジャネイロで、2016年8月5日から8月21日に開催されます。
 2月29日は、閏日(うるうび)。イギリスやアイルランドなどでは『女性から男性にプロポーズできる日』とされている「逆プロポーズの日」の風習の日だとか。今年の閏日は、1日得したと思って、「のんびり過ごす」「4年後の自分に手紙を書く」など、いつもできないことをしてみてはいかがでしょう。